京都の賃貸一軒家を選ぶコツ

MENU

京都の一軒家を賃貸する際の、市街地と郊外の違い

京都賃貸一軒家1

京都市内は道を歩けば必ず観光地に当たるほど、魅力にあふれた街です。
中心街は老舗商店が連なり、郊外はどこも緑に囲まれているなど、環境の良さも魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

京都賃貸一軒家の市街地と郊外の違い

京都市街

京都で一軒家を賃貸したいなら、市街地と郊外では、家屋の特徴と相場も違ってきます。
京都市の繁華街の中心である、中京区下京区といった地域は、一軒家の賃貸物件数がかなり多くなります。
中心市街地では、賃貸一軒家の面積は比較的小さめになる傾向が見られます。
昔から京都の中心街では、狭い土地に家を建てることが主流でした。
だからこの地域の場合、広い庭のスペースは望めない物件が多くなります。

 

 

 

さらに面積が限られて、駐車場スペースもない場合が多くなっています。
もし車を持つということなら、近隣の月極め駐車場を借りる必要が出てくる場合があるでしょう。
とは言っても、車を持っている人は、敷地内に駐車場スペースのある物件を探すようにすべきです。
2階建ての建物といっても、1DLから5LDKなど、その広さは多彩です。

 

 

京都賃貸の一軒家の相場

京都市中心部の賃貸一軒家では、築年数により値段は5万円から15万円程度まで幅広い設定がされています。
一軒家の部屋数が多くても、古い建物だと比較的安くなっている傾向もあります。
新しい一軒家の賃貸物件は、駅に近いほど割高で、10万円を超えるものが多くなっています。

 

京都の地下鉄

いずれにしても、京都の中心部の物件ならば、新幹線や地下鉄を利用できるなど、交通の利便性は高いものがあります。
そして買い物はスーパーや商店が充実しているし、老舗が多いので人におみやげを贈るにも困らないでしょう。

 

ちなみに京都賃貸を探すなら、京都ライフがおすすめです。
取り扱っている一軒家の物件が多く、また丁寧に対応してもらいました。